しまチャレ 2024 ながさき「しま」のビジネスチャレンジ2024

輩インタビュー

輩インタビュー

しまの先輩ノート No.3

南松浦郡新上五島町(中通島)
自遊庵(Goto Adventure Inn)
水村昌司さん

島歴4年 ネイチャーガイド

埼玉県出身の水村さんは、配偶者が長崎県の出身で、その縁から、新上五島町へIターン。子どもへの野外教育や、ダイビングショップの業務など、アウトドアに関わる様々な経験を活かして、現在は奈良尾地区で自然を活かした体験型アクティビティ、ゲストハウス、カフェの運営を行っています。水村さん自身のご経験について、また、経験を新天地でどのように活かして、起業に繋げたのかについて、話を伺いました。

いろいろ聞きました

起業までのご経歴を教えてください

私は埼玉出身で、学生時代はスキーに夢中でした。冬になるとスキーインストラクターとして長野県に滞在していました。
アウトドア好きが高じて、「ドルフィンスポーツアカデミー」という団体に勤め、子供たち向けにキャンプ指導などの活動を始めました。
そこでの野外教育の経験や、ダイビングショップでの店長代理業務などの経験を活かして、2009年にネイチャーガイドとして独立し、島キャンプイベントや、アクティビティの提供を始めました。
冬の間は宮城蔵王を拠点に、バックカントリーガイドやスノーシューガイドを経て、登山ガイドとしての活動も始めました。その後、企業研修や学校団体向けの研修プログラムのファシリテーターなども経験し、フリーランスとしての活動の幅を広げました。
東日本大震災の際には、震災ボランティアとして活動し、総務の仕事や子供たちの遊び場づくり、キャンプイベントなどを行ったこともあります。

なぜしまで起業することになったのですか?

家内の祖父母の家があった上五島を、2014年に初めて訪れたのがきっかけです。
15年近く空き家になっていて、処分するか否かを悩んでいる状態でしたが、家内からは「想い入れの深いこの家を残したい!」という強い思いも聞いていました。
上五島は自然遊びの観点から魅力的な場所が多いですが、自然体験のアクティビティ提供を行う事業者は当時ほとんどいませんでした。とてももったいなく感じたとともに、これまで身に着けてきたネイチャーガイドとしての経験を活かせるのではないか、と思ったのです。自然体験を活かした事業を中心に、空き家の活用と合わせ、宿泊事業・飲食事業を組み込んだ事業計画を立て、1年間の実地踏査を経て移住。新たにカヤックとSUPのインストラクター資格も取得し、現在の事業につなげています。
家内の祖父母の家は現在、宿泊施設として活用しています。

苦労したこと、これをしてよかったと思うことを教えてください

まず、なによりも家探しに苦労しました。移住直前まで家が見つからず、不安を拭えずにいました。しかしひょんなことから、知り合いのお寿司屋さんにいらしていたお客様から情報をいただき、そこからはとんとん拍子に家が決まりました。
また、宿泊施設としてリノベーションを行う際の工事業者の選定にも苦労しました。知らない土地で、建物の改修なども初めての経験です。どのような手順を踏めば良いか、どなたに頼めば良いかなどもわからないうえ、島内の業者も限られます。
すぐに対応いただける業者さんを探すことに苦労しましたが、縁あって知り合った方のお父様が町で建設の仕事をなさっていて、ご紹介いただき、一気に話が進みました。
双方にいえることは、思いもかけないご縁に支えられたこと。ご縁を引き寄せられたのは、この島で事業の話や移住の話をしながら繋がりを作ることができたからだと思っています。

先輩起業家として、応募者に一言お願いします!

「五島列島」と聞くと、多くの人が福江島などを含む五島市を思い浮かべることが一般的かもしれません。しかし、新上五島町も自然の美しさと素晴らしい景観に恵まれており、五島市に引けを取らない魅力を持っています。この新上五島町では、自然の中で、緩やかに豊かに暮らすことができます。町の中には適度な便益と共に、程よい不便さがあり、そのバランスが絶妙で暮らしやすく、特に私が住む奈良尾というエリアは、かつて西日本最大のまき網漁の拠点として栄えた歴史を背負っていますが、現在は落ち着いた雰囲気が漂う街です。その過去の繁栄を感じさせる街並みから、将来の可能性を感じています。
「この島で自分なら何をするだろう」という想像力を使いながら、将来を思い浮かべてみてください。

水村さんの会社の

事業概要

自遊庵は自然体験アクティビティの提供を中心に、体験を通じた人づくりプログラムの提供、体験を経た学びによる日常生活の充実を目指した活動の提供を行っています。自然と人、人と人をつなぐハブのような組織を目指し、五島列島を訪れることで、普段の暮らし、人生がちょっと豊かになる、そんな方を一人でも多くしていくことがミッションです。
現在はアクティビティ事業の他に、宿泊事業、飲食事業、指定管理事業を行っています。
  • 会社名
    自遊庵(Goto Adventure Inn)
  • 設立
    令和元年
  • 資本金
    300万円
  • 従業員
    3名(アルバイト1名含む)
  • 所在地
    長崎県南松浦郡新上五島町奈良尾郷408-1
  • 所属
    ・新上五島町商工会
    ・新上五島町観光物産協会
  • 主な事業
    ・アウトドア企画の提供、アクティビティガイド、ゲストハウス運営
    ・café営業、指定管理施設の運営
  • 資格等
    ・日本山岳ガイド協会登山ガイドⅡ・スキーガイドⅠ
    ・日本セーフティパドリング協会アドバンスドインストラクター (SUP・シーカヤック・シットオントップカヤック)
    ・日本セーフティパドリング教会公認校(申請中)
    ・日本職業スキー教師協会APスキーステージⅣ

水村さんが利用した
支援制度

新上五島町雇用機会拡充事業(平成31年度)

advise 事業そのものにしっかりとした柱があるか、またその事業は本当にこの島で行う必要があるか、その見極めがまず大切だと思います。この島にないものであっても、「島」にフィットしないものは長続きがしていないように思います。
そのためにも島の方々とつながり、この島を知ることから始めていただくのが早道だと思います。あとは何よりこの島への想いを持ち、未来を見据えることが何よりの早道になるはずです。